マスキングテープっぽい素材の作り方

tape_010

最近Photoshopを触っていなかったので勉強がてらネット記事を参考に作ってみました。

 

長方形のテープレイヤーを用意する

tape_001

長方形ツールを使って図形を描画しテープの元素材を作成します。

 

テープレイヤーにぼかしを入れる

tape_002

テープレイヤーを選択して「フィルター => ぼかし => ぼかし(ガウス)」で質感を紙っぽくします。
とりあえず3%にしておきました。

 

テープレイヤーを曲げる

tape_003

長方形選択ツールを持って、曲げたい部分を選択します。
 

tape_004

「編集 => 変形 => 回転」で対象箇所を微妙に回転させて、継ぎ目が不自然にならないように移動させ編集します。
なんとなく曲がった感じになりました。

 

端の形をテープっぽくする

tape_005

消しゴムツールを持って、カットされたっぽい形を作ります。
(うわー下手い…)

 

tape_006

逆サイドは、ちぎった雰囲気にしてみたりします。

 

シワを加えてテープっぽくする

tape_007

新規レイヤーを作成し、ペンツールを持ってハイライトを作成します。
ペンツールで範囲を作成し、右側のパスパネルから作業用パスを選択し、「選択範囲を作成」で選択範囲を作成します。

 

tape_008

ぼかしの半径を 1px 程度にして、塗りや透明度を操作して光沢っぽくします。

 

tape_009

ハイライトと対象になるように、シャドウとなるレイヤーも作成します。

 

全体的にテープっぽくする

tape_010

全体的な不透明度を下げて、テープっぽくしてみたりします。
こんな感じで完成です。

 

シワの作り方はこんな感じでいいのかよくわからないんですが、一応それっぽくなったんじゃないでしょうか。
テクスチャやパターンを加えるといろいろバリエーションが増えそうです。
Photoshopはちょっとさわらないとすぐ忘れますね:(汗

大変勉強になりました。

 

参考:「【Photoshopチュートリアル】マスキングテープ素材の作り方」

 

いじょ