Google Chromeのシークレットモードが便利だなーというお話。

Google Chromeのシークレットモードが、最近よく使う機会のある機能で地味に便利なので備忘。

Google Chromeのシークレットモード

機能としてはキャプチャに記載されている通りこんな感じなんですけども。

  • シークレット モードで開いたウェブページやダウンロードしたファイルは、閲覧履歴やダウンロード履歴に記録されません。
  • 新しい Cookie は、開いているすべてのシークレット ウィンドウを閉じるとすべて削除されます。

まず普通に思いつくのは、他人に見られるとまずいhogehogeなサイトを見たい時に使うとか、奥さんにだまってhogehogeな物を買うとか、そういったマイナスな使われ方なんですけど、自分はWebサイトの動作確認を行う際によく使ってます。

使える場面

  • 未ログイン時のサイト確認

  • ソーシャルログイン(Twitter、Facebook、Googleなど)を実装しているサイトだと、未ログイン時のサイト確認は一度その連携サービスをログアウトしてから確認する手間が必要になりますが、シークレットモードを使うことでその手間が省けます。

  • Googleの検索順位確認

  • サイトのGoogle検索順位などを調べる際にも、自分の検索履歴に影響されない順位を調べることができます。
    ※Googleはユーザの検索履歴になどによって検索順位を返るアルゴリズムを持っている。(Googleパーソナライズド検索結果)

ショートカット

Chrome起動時にCommmand+Shift+Nで立ち上がります。
Chrome立ち上げ時からシークレットモードで起動する設定もできるらしいですが、あまり必要なさそう。

最後に

使う人は限られる機能だと思いますが、意外と重宝する機能なので一応頭に入れておくと幸せかなあと思います。

Webサイトチェックって、一昔前はFirefoxの機能(Firebug/Firemobilesimulator)を利用することが多かったように思いますが、最近はほぼGoogleで代替できちゃうので便利な世の中ですね。

いじょ

Categorized: Google, Mac